読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【江ノ島】おすすめ最新観光スポット 2017

f:id:z000cc000z:20170310201204j:plain

おすすめ観光スポット

 

目次

 

【新江ノ島水族館】

f:id:z000cc000z:20170310202010j:plain

『新江ノ島水族館』は相模湾に面し、右手に富士山、左手に景勝地・江の島が控える絶好のロケーションを最大限に活用した水族館です。
また、潮風を全身で感じながら、雄大な富士山、緑の江の島、四季折々の湘南の浜辺が一望できるオープンデッキ「オーシャンデッキ」は2階海側に72m続いており、全館を通して相模湾に面した当館ならではの施設です。一年を通じてゆっくりと沈む美しい夕陽を眺められるデッキは、当館の人気スポットになっています。

http://www.enosui.com/introduce.html

 

【恋人の丘 龍恋の鐘】

f:id:z000cc000z:20170310205424j:plain

「恋人の丘」は「天女と五頭龍」の伝説のスポットとしても有名です。

「龍恋の鐘」を2人で鳴らした後、近くにある金網に「2人の名前を書いた南京錠」をつけると永遠の愛が叶うと言われています。

 

【稚児ヶ淵】

f:id:z000cc000z:20170310210152j:plain

夕景の美しさは何にも代え難い絶景

ここから眺める夕陽の美しさから、かながわの景勝50選にも選ばれた稚児ヶ淵。その名は鎌倉相承院の稚児白菊がこの淵に投身したことに由来する。遊覧船べんてん丸の乗り場もあり、ここから江の島弁天橋のたもとまで戻ることができる。

f:id:z000cc000z:20170310210521j:plain

 

【江島神社】

f:id:z000cc000z:20170310211453j:plain

ご祭神

ご祭神は、天照大神あまてらすおおみかみが須佐之男命すさのおのみことと誓約された時に生まれた神で、三姉妹の女神様です。

・奥津宮の多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
・中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)
・辺津宮の田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)

この三女神を江島大神と称しています。古くは江島明神えのしまみょうじんと呼ばれていましたが、仏教との習合によって、弁財天女とされ、江島弁財天として信仰されるに至り、 海の神、水の神の他に、幸福・財宝を招き、芸道上達の功徳を持つ神として、今日まで仰がれています。福岡の宗像大社や、広島の厳島神社と御同神でもあられます。

ご祭神|江島神社について | 【公式】日本三大弁財天・江島神社

 

江島神社のシンボル「弁天様」をお祀りする奉安殿

辺津宮の境内の八角のお堂・奉安殿ほうあんでんには、八臂弁財天はっぴべんざいてんと、 日本三大弁財天のひとつとして有名な裸弁財天・妙音弁財天みょうおんべんざいてん が安置されています。 江戸時代には、この江島弁財天への信仰が集まり、江の島詣の人々で大変な賑わいを見せました。
世にいわれる「日本三大弁財天」とは、安芸の宮島、近江の竹生島、江の島の弁財天のことです。この他、奉安殿の中では、十五童子像、後宇多天皇の勅額、弁財天像扁額、 弘法大師の手形が押された護摩修法による弁財天像を拝観できます。

ご祭神|江島神社について | 【公式】日本三大弁財天・江島神社

 

【岩屋洞窟】

f:id:z000cc000z:20170310213303j:plain

長い歳月を経て波の浸食でできた岩屋は、第一岩屋(奥行152m)と第二岩屋(奥行56m)から成ります。昭和46年以来、長期閉鎖されていましたが、周辺施設を一新し、平成5年4月から再開されています。

 

f:id:z000cc000z:20170310220420j:plain

全長128mのオープンスペースからは相模湾とその向こうに広がる富士・箱根・伊豆方面の景観が一望でき、開放感をご満悦いただけるでしょう。

 

【展望台シーキャンドル】

f:id:z000cc000z:20170310214230j:plain

湘南のシンボルとして親しまれる江の島シーキャンドル(展望灯台)は、2002年の江ノ電開業100周年事業の一環として、【景観・自然への配慮】・【公共的な利用価値の追求】・【地域の観光振興】を基本コンセプトに建設され、2003年4月29日にリニューアルオープンしました。

まっぷる 鎌倉 江の島 '18 (まっぷるマガジン)

まっぷる 鎌倉 江の島 '18 (まっぷるマガジン)

 

 

www.pmt-official.com

www.pmt-official.com